大垣市 エンジンオイルの話  田中モータース商会

画像
エンジンオイルの話

title

エンジンオイル」の基礎知識

エンジンオイル 定期的に交換していますか?

 エンジンオイル 定期的に交換していますか?

あなたの愛車のエンジンオイル車にとってエンジンは心臓部。
そしてエンジンにとってオイルは血液。
人間の身体にとっての血液と同じく、オイルも一滴一滴が良い状態でなければ元気に車を走らせることはできません。
血液であるエンジンオイルを定期的に交換することで、安全・快適なカーライフをお楽しみいただけます。

どうしてオイル交換が必要なの?

 どうしてオイル交換が必要なの?

「微細な金属摩耗粉」や「燃料やエンジンオイルの燃えカス」などの不純物が徐々にたまり、性能が失われていきます。
 各種金属や空気と触れ合うことによって、酸化劣化も進みます。
燃料と一緒に少しずつ燃えたり、蒸発によって徐々に減少します。オイルの注ぎ足しだけでは、発生した劣化物を除去できないので、根本的な解決になりません

オイル交換しないとどうなるの?

 オイル交換しないとどうなるの?

エンジンオイルは、エンジン内の高熱、金属摩耗粉(※1)の混入により、酸化や劣化が進みます。その結果、古くなったエンジンオイルを使い続けると、燃費が悪くなるだけでなく、エンジントラブルの原因になります。
最悪の場合火災が発生することもあります。

オイルを交換する目安は?
エンジンオイルを交換する目安は、走行距離にして約5,000km~10,000kmです。ただし距離を走らないクルマでは、6ヵ月~1年を目安に行います。

※メーカーが車両ごとに推奨する交換時期や走行距離を目安に交換してください。

交換用のオイルは、どのくらいの量が必要?

 交換用のオイルは、どのくらいの量が必要?

軽自動車やコンパクトカーは3リットル強、2000ccクラスは4リットル強と、一般的には排気量が上がるごとに必要な量も増えていきます。
ただし、一部のスポーツカーでは、排気量が4000cc弱でも10リットル前後のエンジンオイルが必要になるなど、車種によって大きく異なります。エンジンオイルを購入する前に、クルマの取扱説明書を参照して、エンジンオイルの必要量を確認してください。
.オイル交換の方法は?
エンジンオイルの交換は、ディーラー、自動車整備工場、カーショップ、ガソリンスタンドに依頼するのが一般的です。自分でオイル交換する場合は、ジャッキ、リジッドラック(ウマ)、トルクレンチ、ドレンボルトのサイズに合ったレンチ、オイルジョッキ、廃油受け、廃油処理箱、ドレンボルトの新品ガスケット(漏れ防止用のパッキン材)が必要になります。

【オイル交換の手順】

 【オイル交換の手順】

1、車をジャッキアップし、底部のドレンボルトの下に、廃油の受け皿を置く
2、エンジン上部のオイル注入口のキャップを外す
3、レンチを使ってドレンボルトを外し、オイルを抜く
4、ドレンボルトに新品のガスケット(漏れ防止用のシール材)をつける
5、規定のトルクでドレンボルトをしっかりと締め付ける
6、新しいオイルを規定量より少なめに入れる
7、オイルレベルゲージで油量をチェックする
8、エンジンをかけて、30秒ほどアイドリングしてからエンジンを停止する
9、数分待って油量をチェックし、規定量までオイルを入れる
10、ジャッキをダウンさせてオイル交換完了
.エンジンオイルの性能を表す指標

エンジンオイルの「粘度」

 エンジンオイルの「粘度」

エンジンオイルの粘度は「SAE粘度分類」という規格で定められていて、例えば「0W-20」のように表記されます。
Wの付いた左側の数字が低温時の粘度で、数字が小さくなるほど低温でも硬くならず、油膜を形成できます。もうひとつの、ハイフンの右側の数字は高温時の粘度で、数字が大きくなるほど高温でも油膜が保持されます。
エンジンオイルの粘度は、車の取扱説明書で複数指定されているものの中から、車の使い方に応じて選び分けるのが基本です。

エンジンオイルの「グレード」

 エンジンオイルの「グレード」

エンジンオイルのグレードは、一般的に「APIサービス分類」という規格で表示されています。ガソリンエンジン用オイルは、オイルの酸化安定性、サビ・腐食・磨耗防止性、洗浄性、蒸発性、省燃費性など多くの審査項目によって、「SA」から「SN」まで12種類のグレードに分類されています。ディーゼルエンジン用オイルは、日本では「CA」から「CF-4」まで7種類のグレードがあります。そしてガソリンエンジン用、ディーゼルエンジン用ともに、2文字目のアルファベッドの順にグレードが高く、また最新の基準になっていきます。
中には、高品質であるにも関わらず、規格取得にともなうコスト増・価格アップを嫌い、敢えてAPIサービス分類規格を取得していないオイルもあります。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!