大垣市 足回り ブレーキ  田中モータース商会

画像
足回り ブレーキ

title

ブレーキの話

ブレーキとは?

 ブレーキとは?

ブレーキとは約20種類近くの素材を混合してできております。雨、寒い冬、暑い夏、低速、高速、軽く踏む、強く踏む、などいろいろな条件の中で、鳴きをおさえ、効きをほどよく、ホイールを
汚さないようにセッティングするためです。特に泣きと言うものは、車自体の本来の構造より
増幅されることもあります。たとえばキャリパーの剛性、ホイールハウスの大きさなどです。
ブレーキパッドは、レコードにたとえるとレコード針、ローターはレコード、タイヤハウスは
スピーカーの役割をします。摩擦物の音鳴りを止めるのは、物理的に不可能です。しかしそれを車内に入り込むほどの大きな音を消すことは可能です。けれど雨、風、ほこりの中でローターとパッドは酷使されているのです。泣きを消すことは、ブレーキ業界の永遠のテーマではないでしょうか。

ブレーキフルード

 ブレーキフルード

ブレーキフルードはブレーキのオイルです。
各系統がブレーキフルードで通っていて、油圧によってピストンを押して
ブレーキが利く仕組みになってます。
ブレーキフードにはDOT3とか4とか5とかありますが、これは沸点が高いか低いかです。
ブレーキフルードの沸点が低いと下り坂でベーパーロックを起こしてブレーキが利かなくなったりします。

ブレーキパッド

 ブレーキパッド

ブレーキパットとはブレーキローターをはさんで車を止める役割をする
部品です。ブレーキパットが消耗するとキーキーおとがなったりするので
ブレーキ鳴きがおこったらブレーキパットを点検しましょう。
あとはブレーキ警告灯がついたらブレーキパットを点検しよう。

ブレーキローター

 ブレーキローター

ブレーキローターはブレーキディスクともいわれます。
ブレーキローターはくるくるとタイヤと同じようにくるくると回転しています。
そのブレーキローターにブレーキパットがぎゅうっと挟み込んで車を止めるのです。
ブレーキローターにはソリッドタイプとベンチレートタイプがあります

ブレーキシュー

 ブレーキシュー

ブレーキシューはブレーキパットと同じような役割をします。
ドラムブレーキの内側に入っていて、ブレーキを踏んだときに油圧でドラムブレーキの中に入っているブレーキシューが油圧で広がって摩擦を発生して車を止めます。
ブレーキシューの交換は車種によっては難しいのもあります。

ブレーキホース

 ブレーキホース

ブレーキホースはブレーキのオイルが通っているホースです。
ブレーキホースはひび割れてきたら交換しないといけません。
ブレーキホースにはメッシュタイプのものもあります。」

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!