大垣市 パーツの役割  田中モータース商会

画像
パーツの役割

title

整備明細によく出るパーツの説明

オルターネーター

 オルターネーター

オルタネーターとは、車のバッテリーに充電する電気を発電するものです。
昔はダイナモがつかわれていました。ダイナモは直流発電機
今のオルタネーターは交流発電機です。
オルタネーターは交流で発電しますが、ダイオードを6つ使って
直流に直してバッテリーに電力を送っています。
10万キロ前後でオルタネーターが壊れるのでリビルトやOHしておきましょう

タイミングベルト

 タイミングベルト

タイミングベルトとはクランクシャフトとカムシャフトをつないでいるベルトです。
いわゆるピストンの動きとバルブの動きを決まった動きをさせるために
コグベルトでコマが割ってあります。
もしコマが飛んだりしたらエンジンが壊れるかして大ダメージを追ってしまいます。タイミングベルトは車種によって変わりますが、一般的には10万キロ、10年以内を目安にそれより早めに交換しましょう。

タイロット

 タイロット

タイロットとは、いわゆるステアリングラックとタイロットエンドを結ぶ部品です。
ステアリングを左右に切るとタイロットが伸び縮みしてタイヤを傾けるように動きます。
タイロットにガタが発生したら寿命です。

タイロットエンド

 タイロットエンド

タイロットエンドはいわゆるタイロットとナックルを結ぶものです。
トー調整はこのタイロットを伸ばしたり縮めたりして行います。

タイロットエンドブーツ

 タイロットエンドブーツ

タイロットエンドブーツはタイロットエンドのボールジョイントの
錆びを防ぐために、水などが入らないように
かぶさっているブーツです。
タイロットエンドブーツが破れると車検には通りません。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!